はじめに

1.報酬額については、「定額」と「定率」両方の記載がある場合は、それらの合計額となります。

2.表中の事案であっても特に複雑な事案の場合は、下記報酬額よりも高くなる場合があります。

3.実費額については、想定できるものは記載しておりますが、記載がない場合でも、事案処理のための実費額については、依頼者に請求させていただく場合があります。

4.報酬表に記載がない事案についても、ご依頼いただくことは可能ですので、その場合は当事務所までご連絡いただければ、報酬額と実費額のお見積りをさせていただきます。