はじめに

遺言や後見で解決できない問題を解決できるのが家族信託

平成19年に信託法が改正され、あなたの財産をどのように管理し、どのように承継していくかについて、これまでに「遺言」や「後見」の制度では対応できなかったことについて、様々な対策ができるようになりました。
あなた(委託者)が、信頼できる方(受託者)に財産を信託することにより、受託者は、あなたの大切な方(受益者)のために、その財産を管理・運用・処分等をします。
次のような事例で、家族信託を利用することができます。
 ・不動産についての認知症対策
 ・障害者の「親亡き後」対策
当事務所には、司法書士の財産管理・承継についての専門団体である一般社団法人滋賀県財産管理承継センターに所属している司法書士がおります。上記事例以外にも、家族信託制度を利用することにより、あなたの財産やご家族の課題解決につながる可能性がありますので、お気軽に当事務所にご相談ください。

不動産の認知症対策

収益不動産等についての管理や承継について不安はありませんか?

あなたが認知症になる前に、あなたが所有している収益不動産等を信頼できる方に託し、その管理や活用をしてもらうことができます。不動産だけでなく一定のお金も信託することにより、不動産の修繕や建替え等にも対応してもらえます。
どのような財産を信託するか、誰に信託をするか、財産をどのように管理・運用・処分等をするか等について決めるためにはとても高度で複雑な信託契約書を作成する必要があります。当事務所は、家族信託についてのご相談や信託契約書の作成についてご依頼頂くことができます。お気軽にご相談ください。

子どもの「親亡き後」対策

自立されていないお子様の将来に不安はありませんか?

あなたに障害のあるお子様がいる場合に、そのお子様のために財産を信託し、あなたとあなたの配偶者が将来亡くなった後のお子様の生活保障やお子様が亡くなった後の残余財産をどのようにするかについて決めることができます。
どのような財産を信託するか、誰に信託をするか、財産をどのように管理・運用・処分等をするか等について決めるためにはとても高度で複雑な信託契約書を作成する必要があります。当事務所は、家族信託についてのご相談や信託契約書の作成についてご依頼頂くことができます。お気軽にご相談ください。