はじめに

成年後見人はあなたの財産や生活を守る心強い味方です

あなたが、認知症・精神障害・知的障害等により、判断能力が不十分になった場合に、家庭裁判所が成年後見人を選び、あなたを保護する制度です。
成年後見は、任意後見と法定後見の2つの種類があります。以下で、各後見について説明いたします。

任意後見

事前にあなたが契約で後見の内容を決定しておく制度

あなたの判断能力が不十分になる前に、あなた自身で将来の後見人(任意後見人)を選び、 あなたと任意後見人の間で、将来の人生設計(任意後見契約)を行い、判断能力が不十分になった後は、その任意後見契約に基づき、任意後見人が本人をサポートする制度です。
後見人を誰にするか、どのようなことを後見人に任せるか、後見人にいくら報酬を払うか等の将来のあなたの人生の重要なことについて、あなたご自身で決定できることが一番の利点です。
任意後見を利用するためには、あなたと任意後見人との間で任意後見契約を締結する必要があり、その契約書は公正証書で作成する必要があります。当事務所は、契約の内容についての相談や公証人との打合せ、公証人への必要書類の提出等について、当事務所にご依頼を頂くことができます。お気軽にご相談ください。

法定後見

事後的にあなたの家族や支援者が後見人等を選ぶ制度

あなたの判断能力が不十分になった後に、家庭裁判所に後見人等(法定後見人)を選任しもらい、その後見人等があなたをサポートする制度です。あなたの判断能力の度合いにより、成年後見、保佐、補助の3つの種類があります。
法定後見を利用するためには、あなたの家族や支援者が家庭裁判所に申立書を提出する必要がありますが、その申立書の作成や必要書類の収集等について、当事務所にご依頼を頂くことができます。お気軽にご相談ください。

成年後見人への就任

当事務所の司法書士が成年後見人等になることができます

当事務所には、司法書士の成年後見専門団体である公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートに所属している司法書士がおりますので、あなたの任意後見人や法定後見人になることができます。
当事務所では、これまで、約50件の成年後見人等への就任実績がありますので、安心してご相談ください。