不動産登記

土地と建物を不動産と呼びますが、不動産の情報(所在場所、広さ、所有者、抵当権の有無など)は、法務局という役所に登記(登録)されていて、その情報は一般に公開されています。

既に登記されている情報に変更などがあった場合、法務局に不動産登記申請が必要となります。司法書士は、依頼者に代わって、不動産の権利関係に関する不動産登記申請をすることができます。

当事務所でよく取り扱う不動産登記には、次のようなものがあります。

【所有権保存】 建物を新築した場合、その建物の所有者が誰であるかなどを登記する手続きです。
【所有権移転】 売買、贈与、相続などにより、不動産の所有者に変更があった場合にする登記です。
【抵当権設定】 住宅を建てるための資金や事業資金を借りる際に、不動産に抵当権を設定する場合にする登記です。
【抵当権抹消】 抵当権に関する借入金を全額返済し、その抵当権を抹消する場合にする登記です。