はじめに

あなたの大切な人のために遺言(遺言書)を作成しませんか?

遺言とは、あなたが将来亡くなったときに、あなたが残した財産について、「誰に渡すか」「どのように使うか」について記載し、その内容を実現するために法的な効力があるものをいいます。
あなたの大切な人が相続で困らないようにするため、または、あなたが残した財産の使いみちについて自己決定しておくためには、遺言を作成することをお勧めいたします。
遺言の種類は、大きく分けると遺言公正証書と自筆証書遺言の2種類があります。以下で、各遺言について説明いたします。

遺言公正証書の作成

安心の遺言公正証書

公証人が作成する遺言です。法律実務経験の豊富な公務員である公証人が作成するため、ほぼ間違いなく遺言の内容を実現することができるという利点がありますが、公証人へ公正証書作成の手数料を負担する必要があります。
遺言公正証書をするためには、公証人への必要書類の提出、遺言内容の決定、公証人との打合せ等が必要であるため、それらの業務について当事務所へご依頼頂くことができます。お気軽にご相談ください。

自筆証書遺言の作成

費用の低廉で、気軽に書き直しができる自筆証書遺言

あなた自身で作成する遺言です。遺言として法的な効力のあるものを作成するためには、民法で定められた方法で作成する必要がありますが、ご自身で作成するため費用がほとんどかからないという利点があります。
以前は、前文を自筆で作成する必要がありましたが、平成31年1月13日から、財産目録をパソコンで作成したり、通帳のコピーを添付したりできるようになり、作成し易くなりました。また、令和2年7月10日からは、自筆証書遺言を法務局で保管してもらえる制度が始まります。
あなた自身で自筆証書遺言を作成される場合、遺言の内容や作成方法について、お手伝いさせて頂くことができます。お気軽にご相談ください。

エンディングノートの作成

より充実した人生を送るためのエンディングノート

遺言を作成するためには、その前提としてエンディングノートを作成することをお勧めいたします。エンディングノートには、あなたが今後亡くなるまでどのような人生を送りたいか、大切な方たちへのメッセージ、亡くなった後の葬儀・お墓等についての希望について、記載します。
法的な効力はありませんが、あなたの今後の人生について改めて考え、今後の方針・目標・計画等を定めることでより充実した人生を送ることに繋がります。また、あなたのご家族や大切な方があなたのエンディングノートを読むことにより、あなたの想いを知ることができ、また、あなたの介護・葬儀・お墓等について、どのようにすればよいかの指針となります。
遺言の作成をするかどうかに関わらず、また、高齢者であるかどうかに関わらず、エンディングノートを作成することには意義があります。
ご自身ではなかなか気が進まずエンディングノートを作成できない場合や、誰かに相談しながら作成した方が作成し易いという場合には、当事務所がエンディングノートの作成のお手伝いをさせて頂くことができます。お気軽にご相談ください。